2014年05月24日

高尾山縦走

今日は高校時代からの友人と高尾山・陣馬山縦走登山に行ってきました。
友人から陣馬山へ行こうという誘いがあり、雑誌で高尾山・陣馬山・生藤山コースという超ロングルートが紹介されていたので、せっかく陣馬山まで行くなら生藤山まで行ってみようということになりました。
今回のコースは10個のピークを越えるというもので、稲荷山・高尾山・小仏城山・景信山・堂所山・陣馬山・醍醐丸・茅ノ丸・生藤山・三国山と続き、歩行時間は10時間ほどだと雑誌に載っていたので、まぁ8時間くらいで歩けるだろうと思っていました。

8時に高尾山口駅集合だったのですが、途中で乗る電車を間違えるというミスを犯し、15分遅れでの出発。
登山道入口.JPG
この後清滝駅の左側から稲荷山登山口へ行かねばならないところを普通にスルーしてしまうというミス。
(このミスに気づいたのは帰宅してからでした。。。)
階段.JPG

山門.JPG
道を間違えたまま登り続けて、1時間ほどしたところで高尾山の頂上に到着しました。
今日は天候に恵まれて富士山がとても綺麗に見えました。
高尾山からの富士山.JPG
高尾山山頂からは奥高尾縦走コースに入り、小仏城山・小仏峠を経て景信山へ。
高尾山からは約1時間半かかりました。
さらに歩き、堂所山・明王峠・奈良子峠を経て陣馬山へ。
ここも景信山から約1時間半かかったので、高尾山からは約3時間で到着した感じです。
陣馬山山頂.JPG

陣馬山山頂石碑.JPG
ここで待望の昼食タイム。
コンビニのおにぎりも良いけど、山頂でお湯を沸かすくらいのことはしたいですね。
アルファ米を使ってカレーリゾットを作りました(^o^)
バーナーとアルファ米.png

カレーリゾット.JPG
友人はお腹がすいていたようでかなり喜んでくれたので良かったです☆
今度は友人がコーヒーを入れてくれました。
コーヒー.JPG
豆を挽くところから作ってくれたので本当に美味しかったです♪

陣馬山を下り、和田峠へ出て生藤山に向かうコースへ。
この後すぐに左へ登る登山口があるのですが、それを見落としてひたすら下山してしまい、民家が見えるようになったところでようやく道を間違えたことに気づいて、地元の人に聞いたりしてもう一度引き返すことに。
和田峠から1時間ほど下ったので、戻るのに約1時間半くらいかかりました。
時間を考えると生藤山に着くころには日没を迎えてしまうので今回は諦めて下山することにしました。
途中にやすらぎの小径という道があったのですが、倒木もあってすでに閉鎖されているようでした。
(看板は比較的新しく見えたのですが。。。)
一応鍋こわしの滝は見ることができました。
鍋こわしの滝.JPG
富士山絶景ポイントから見た富士山。
富士山絶景ポイントから.JPG
かすかにうっすらと見えましたw
やすらぎの小径の出口の看板は無残にも倒れていました(・_・;)
やすらぎの小径出口.JPG
なんとかちょうど日没くらいの時間に藤野駅に到着することができました。

<今回の反省点>
・低い山だからといって甘く見ないこと(ジーパンは過信しすぎでしたね。。。)
・地図とコンパスはしっかり使うこと(道に迷って初めて使うのは手を抜きすぎです。。。)
・水分補給は高尾山でするべし(高尾山より先に進むと飲み物の値段が格段に上がります。。。)
posted by プータロー at 22:45| 東京 ☀| Comment(0) | アウトドア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: